Menu

外国人入国・在留・帰化

Home

外国人入国・在留・帰化


外国人在留資格の取得・変更・更新手続/国際結婚手続/帰化申請手続

外国人(外国籍の方)が日本に滞在、活動等を行うには外国人本人の有効な旅券等、査証(ビザ)とともに「出入国管理及び難民認定法」(入管法)に定められた在留資格が必要となります。

この在留資格は日本における外国人の活動内容により、取得できる資格が異なります。在留資格を取得するには、外国人本人の活動の経歴(業務歴や学歴など)、現在取得している資格、受入先(就職先企業など)の事業内容その他実態、配偶者等の様々な要件を通じて取得できるものです。受入れたい外国人個々の対応が必要となります。

在留資格は、新たに日本に入国して活動を行いたい場合には「在留資格認定証明書」の発給により日本入国手続を行い、現在既に日本において活動している外国人が在留資格の有効期限を何ら変更せずに継続したいと考えるときは「在留資格更新手続」、取得している在留資格とは異なった活動を行おうとする場合は新たに他の在留資格を取得する「在留資格変更手続」が必要となります。尚、永住許可許可申請のご相談にも対応しております。

当事務所は多くの在留資格申請に対応しておりますのでお問合せ下さい。

在留資格一覧

教授・芸術・宗教・報道・高度専門職・経営管理・法律会計業務・医療・研究・教育・技術人文知識国際業務・企業内転勤・介護・興行・技能・特定技能(特定技能1号、2号)・技能実習・文化活動・短期滞在・留学・家族滞在・研修・特定活動・永住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者

外国人を雇いたい(日本で働きたい)

会社を設立して事業を行いたい ※外国籍の方

外国人と結婚したい

私の夫(妻)が不法滞在者(オーバーステイ)だが、これからも一緒に暮らしたい。

日本国籍を取得したい(帰化申請手続)

その他、外国人在留資格に関すること